宮古島の産業

農水産業

宮古島は島というだけあって、水産業が盛んです。
また亜熱帯という気候を活かした農業も盛んになっています。
例えばサトウキビは沖縄同様非常に有名です。
またマンゴーなど温暖な気候でなければ育てることができないトロピカルフルーツ類の栽培も盛んに行われています。
そのため沖縄同様、本州では見ることが出来ないような食材を使った料理やおみやげ物のお菓子などがたくさん販売されています。
それを目当てに旅行に訪れる人も来るほど、この食材は本州では珍しいものなのです。

参考:宮古島の産業文化

観光業

またこれらの農水産業よりも観光業がより盛んになっており、今でも伸び続けています。
珊瑚礁がキレイな海が人気のため、マリンスポーツを楽しみに来る旅行客がとにかく多いのです。
そのため海や珊瑚礁を護るための動きも大きくなってきています。
またこれまで以上に観光施設を整備して行く動きも一緒に行われており、キレイな海を護りながら、海を楽しみに来た観光客が快適に過ごせるような施設づくりが行われています。

そして観光業拡大に伴い、リゾートホテルの開発もどんどん進められています。
やはり観光となれば宿泊する先の施設もとても重要なポイントです。
そのため旅行客がより快適に過ごせる宿泊施設の開発も、観光業の拡大の1環として重視されているのです。

またリゾートホテルを開発することによって更に多くの観光客の誘致を行おうという考えもあります。
泊まるところがなければせっかく旅行に行こうと思っても計画が倒れてしまいます。
そうした部分でせっかくのお客様を逃してしまわないよう、十分な宿泊施設を確保しておくのです。
また大型のホテルを整備することによって、旅行会社の団体ツアーも受け入れやすくなるため、より多くの人に宮古島を訪れてもらうことが出来ます。

宮古島は素敵な島ですから、たくさんの人にこの魅力を知ってもらいたいという地元の人達の思いが反映されているのです。
日本人の多くが一度は訪れてみたいと思っている沖縄同様、キレイな海と農水産物がたくさんある宮古島もぜひ訪れてほしいという気持ちがあるのです。
もし沖縄旅行を考えている人がいたら、ぜひ宮古島の旅行もあわせて検討してみてはいかがでしょうか?
沖縄と同じような気候や魅力を持っていますが、沖縄とはちょっと違った魅力を発見することができるかもしれませんよ。