宮古島の地理

宮古諸島の中で1番大きい島

宮古島は沖縄から300Kmほど離れた地点にありますが、その間には宮古海峡という海峡が存在しています。
沖縄から訪れる際には、その海峡を通って行くこともあります。
この島は宮古諸島という諸島に属している島で、諸島のうちの8つの島には人が住んでいるのですが、その他にも無人島が存在しています。

この島は8つの島の中でも圧倒的に面積が大きく、人口も多いです。
他の島では多くても5000人程度のところ、宮古島では約46000人もの人が暮らしています。
島と言っても空港や港、道路もしっかり整備されており、人口の多さを物語っている発展具合です。

島は三角形に見えると言われており、航空写真などを見るとそれがよくわかるかと思います。
また猛禽類などの大きな鳥が羽を広げて羽ばたいている姿にも見えると言われているのですが、人の感性次第ではないでしょうか。

また諸島に属しているということもあって周りも島に囲まれているのが特徴的です。
島でありながら高度な発展を見せており、現代では大橋までも建設されているということです。
上下水道も整備されており、ダムも作られているほどです。
それだけ生活している人が多く、また観光客が多いために移動手段を多く設けているということが窺えます。

自然がキレイな島として有名な観光地ではありますが、ただただ自然に囲まれているということではなく、自然と共生しながら経済的な発展を遂げている島なのです。
そのため観光に行っても快適な旅行を楽しみながら自然と触れ合うことができるのです。