吉野海岸

珊瑚礁が有名

沖縄・宮古島といえばやっぱりキレイな海と珊瑚礁ですよね。
この吉野海岸では、そんなキレイな海に潜って実際に珊瑚礁を見ることができるため、常に観光客で賑わっています。

ここでの醍醐味はやっぱりシュノーケリングです。
シュノーケリングで海のキレイな珊瑚礁を見たり、海を泳ぐ魚と触れ合ったりすることができます。
宮古島の海を満喫することができる、とっても人気なスポットです。

しかしなぜ他の海もたくさんあるところで、この吉野海岸が有名なのでしょうか。
吉野海岸は、海の底だけでなく、波打ち際までも珊瑚礁が来ているのです。
そのため海に入って少し進めばすぐに珊瑚礁を見ることができ、あまり深くまで潜るのが得意ではないという人でも珊瑚礁を見ることが可能なのです。

そのため気軽にシュノーケリングが楽しめるスポットとして人気を集めているのです。
ツアー旅行でもこの海岸でのシュノーケリング体験を組み込んでいるものは多くありますので、やはり宮古島を訪れたら一度は訪れておきたい観光スポットと言えるでしょう。

注意点とマナー

しかし珊瑚礁を見る時に覚えて置かなければいけない注意点もあります。
まず珊瑚礁は傷つきやすいということです。

かなり近くで、あまり水深が深くない場所でも珊瑚礁を見ることが可能なのですが、そのこともあって脚や手など身体の部位に珊瑚礁がぶつかってしまいそうになることもあります。

また高さ的にちょうど良く珊瑚礁に立つことができる位置に来る場合もあります。
しかしそのようにぶつかってしまったり、上に立ってしまったりすると、珊瑚礁は傷ついてあっという間に死んでしまいます。

珊瑚礁は生き物です。

それを見に行っているのですから、傷付けないように、ましてや上に乗ったりなどしないように、丁寧に扱うようにしましょう。
このことはシュノーケリング体験の前にも説明されるはずです。

また逆にぶつかって自分が怪我をしてしまう場合もありますので、しっかりとした装備で臨むようにしましょう、
浅い部分でも見ることができるので、ついつい気楽な気持ちで訪れてしまうことがありますが、自然は時に人に牙をむくものです。
気軽に潜れる深さだからといって油断することはせずに、気を引き締めて潜るようにしてください。

キレイな珊瑚礁を海の中で間近で見るためには、そのためのマナーと相応の準備が必要だということをしっかり覚えておきましょう。
ツアー旅行であればその辺の装備の手配などもすべて行ってくれるはずですので、自分は海に潜った際の心得さえしっかり覚えておけば快適なシュノーケリングを楽しむことができるでしょう。