砂山ビーチ

特徴

砂山ビーチは宮古島で最も有名なビーチです。
海がキレイという点だけでなく、ビーチの砂が真っ白でキレイだという点も、美しいビーチとして賞賛され、注目される理由です。

砂山で隔てられた先にこのビーチが存在しており、そのために「砂山ビーチ」という名称で呼ばれるようになりました。
砂山を登って視界が開けた先がこの美しいビーチなので、目を奪われてしまう人も少なくないようです。
日本のベストビーチというランキングにランクインするほど、有名で魅力的なビーチとして客観的な評価を得ています。

ビーチなので泳ぐことも可能で、更衣室やトイレ、シャワーなど海水浴に必要な施設は完備されています。
駐車場もあるので、レンタカーを借りて車で訪れることも可能です。
海水浴場の駐車場というと有料であることが多いのですが、この砂山ビーチでは無料で駐車できるのが嬉しいところ。

注意点

ただ1点注意したいのは、これらの施設とビーチとの距離です。
砂山を越えて行くとビーチにたどり着くのですが、その砂山を越える前にこれらの施設が整備されています。
そのため水着や海水浴のための格好で山を越えて行き、泳ぎ終わったらそのまままた山を越えて戻らなければいけません。

ちょっと大変かもしれませんが、砂は白く柔らかいので、歩いてもそれほど問題ではないと思います。
それに他の海水浴客も同じように山を越えるので、人目はそれほど気にしなくても良いでしょう。

オススメの時期

もし海水浴がしたいと思ったら、真夏に訪れるのが良いでしょう。
いくら温暖な気候と言っても、水温の都合で秋冬には泳ぐことは出来ませんし、特に海水浴シーズンを過ぎると出てくるくらげに注意しなければいけません。

くらげの心配をせずに心置きなく泳ぐなら、やっぱり真夏が一番です。
しかし暖かいからと言って8月に訪れてしまうとスコールなどの関係で降雨量が非常に多く、雨のせいで途中で海から上がらなければいけなくなってしまうことも考えられます。

そのため雨の心配などしないで心置きなく楽しむためにも、7月に訪れる計画をした方が良いでしょう。

逆に海水浴はしなくて良いので砂浜を歩きたい、キレイな景色を見たいという目的であれば、7月にこだわらなくてもいつでもキレイな海と砂浜をみることが出来ますよ。