来間島・来間大橋

来間大橋は宮古島のある地域内では一番長い橋です。
来間島と宮古島を結ぶ橋で、最初は農道として整備されたのが始まりだったようです。

この橋も池間大橋と同じでエメラルドグリーンの海を望むことができ、またトライアスロンのコースとなっています。
そのため池間大橋や池間島と同じように宮古島の観光スポットとして有名なのです。

ウミガメに会えたらラッキー

この来間大橋から見える海には、ウミガメが訪れることがあります。
ウミガメはなかなか見ることが出来ないのですが、沖縄周辺の海では比較的見ることが可能です。
そのためキレイな海であれば、上から覗き込むことで泳いでいる姿を見ることが可能なのです。
ちなみに沖縄以外では、屋久島でもウミガメの産卵を見ることが出来ます。
それだけこちらの地方にはウミガメが生息しているということがわかりますね。

ただウミガメは常に見られるというわけではなく、時々泳いでいる姿をみることができる程度です。
そのため見られたらラッキーくらいの気持ちで通ってみるとよいでしょう。
ウミガメを見ることができなくても、来間大橋から望む海の景色はとてもキレイなので、それだけでも十分価値がありますよ。

サトウキビが有名

来間大橋を渡った先にある来間島は、池間島とは違って水産業よりも農業が盛んです。
沖縄地方を代表するサトウキビの栽培も盛んに行われています。
島の大部分がサトウキビ畑と言っても良いほど、広大なさとうきび畑が広がっているのがこの島の特徴です。
そのため、有人島ではありますが、サトウキビ畑の方が広く人口はそれほど多くありません。
その分自然がキレイな自然の姿のままで残っており、観光客は後を絶ちません。

竜宮城展望台

また来間島には「竜宮城展望台」というものがあります。
これは竜宮城のような建物の展望台で、来間島から見える美しい海々を高台から眺めることが可能なのです。
竜宮城のような展望台ということもあって、海を眺めるだけでなく外観と一緒に写真を撮るだけでも、おみやげ話としては面白そうな観光スポットですね。

ちなみにこの展望台から来間大橋を望むことが出来ます。
3階建の建物なのですが、3階からの眺めは圧巻ですので、ぜひ一度訪れてみると良いでしょう。

展望台の下には売店もありますし、駐車場やトイレも完備されていますので、気軽に訪れることができます。
売店でおみやげを購入したり、食堂で海風に吹かれながらご飯を食べたりと、自然の中でゆったりと流れる時間を楽しむことができます。