伊良部島・下地島

宮古島の観光スポットの1つ伊良部島は、
宮古島からは4キロほど北西に行ったところにある島です。

港がある佐良浜、そして西には、
佐和田や長浜、国仲、仲地、伊良部といった集落があるのが特徴ですが、
港がある佐良浜港は宮古島では随一の漁港として知られています。

海岸線は30メートル内外の海食崖を見ることができて、
日本のなぎさ100選に選ばれている佐和田浜があるのも特徴です。
とても美しい景観で心が落ち着きます。

珊瑚がとても発達している場所もあるのですが、
沖合いのだいたい20キロくらいは発達しています。
佐和田浜をまるで包んでいるかのように発達した珊瑚を
見ることができます。

そして例年10月には渡り鳥のサシバという
鷲、鷹の仲間も飛んできます。

次に下地島ですが、こちらは伊良部島の南西に隣接している島で、
伊良部島とは6つの端がかかっています。入り江へ行けばわかりますが、
とても独特の景観が目の前にあります。

昭和54年に、日本でただひとつのパイロット訓練施設がある
下地島空港ができました。これからは訓練だけでなく国際的な空港としての
役割も果たすことができるのではないかと期待が高まっています。

下地島の西海岸沿いには侵食してできた池があります。
この池の名前は通り池といいます。沖縄の天然記念物として
指定されている池でもあります。とても神秘的な雰囲気がある池です。

宮古島にはダイビングをするために訪れる観光客も多いかと思いますが、
下地島はダイビングスポットということでも人気があります。

毎年多くのダイバーたちが訪れてもぐっているのでダイビングの聖地
といってもいいかもしれません。伊良部島動揺にして、鷲、鷹の仲間である
サシバが中継する地点として渡り鳥が飛来していることも特徴です。

今はまだ伊良部島は宮古島とは離れていますが、
宮古島から船で10分から15分の距離にあり、将来は宮古島と橋で
つながるのではないかという話も出ています。

どちらの島もとても綺麗なビーチとダイナミックなダイビングスポットで
マリンスポーツをするために多くの観光客が訪れます。

島はアップダウンがとても激しいので、港に一番近い集落にいくには
かなり急な勾配の坂を上ることになりますので覚悟しておいたほうが
いいかもしれません。

宮古島からレンタカーをフェリーで乗せてくる人やタクシーで移動する人が
多く、それが無難かもしれません。自転車で移動する人もいますが
かなり自転車で移動するには坂が急なので大変な場所です。