池間島・池間大橋

特徴

池間大橋とは、池間島という島と宮古島を結んでいる橋で、かなりの長さを誇っています。
現在は一番長い橋は来間大橋でしたが、それまではこの池間大橋が沖縄地域で一番長い橋でした。

島と島を結ぶ橋というだけなのですが、その長さや橋の架かる海のキレイさなどがあって、現在では有名な観光スポットの一つとなっています。
そのため橋周辺に売店や展望台などの観光施設も整備されています。

ちなみにこの橋はトライアスロンのコースにもなっているなど、知らない人はいないと言っても良いほど、宮古島や沖縄に暮らす人や興味を持っている人にとっては有名な橋です。

宮古島側の展望台から望む景色はとてもキレイで、この橋すら自然の一部のように見えるほど、自然だけでなく橋そのものも美しいのです。
また池間島側では売店で買い物ができるので、この橋からの眺めとおみやげのために一度池間島に行って帰ってくるだけの価値はありますよ。

エメラルドグリーンの海

ちなみにこの池間大橋がかかっている海はキレイなエメラルドグリーンだと言われています。
そしてそのエメラルドグリーンの海には日本最大の珊瑚礁がある「八重干瀬」があるため、橋を渡りながら海の中の珊瑚礁を見ることができるほどなんです。

橋の上から見ることができるほど澄んでいて、且つたくさんの珊瑚礁があるこの海は、そのためだけに訪れる人も多くいるほどです。

実際に潜らなくても見ることができるというのは、潜って見るのとはまた違った趣がありますよね。
潜ると間近で見られますが、潜らなくても見られるということは、それだけキレイな海を身体で感じることができるということでもあります。
エメラルドグリーンでありながら澄んだ海は、ぜひ一度は見ておいた方が良いでしょう。

カツオが有名

ちなみに橋を渡った先にある池間島では、水産業の中でも特にカツオの漁が盛んです。
おいしいカツオが食べられるところを探してみてはいかがでしょうか。
また琉球時代からある信仰が現代でも深く根付いている地域であり、民俗学者などはその研究を目当てにこの島に渡ることもあるほど、歴史的価値のある島でもあるということです。
こうした信仰など民俗学に興味がある人は、ぜひ池間島に行く前に予習をして訪れてもよいのではないでしょうか。

他の宮古島の観光スポットではなく、あえてこの池間島の観光スポットや信仰に関する風習が残されているような土地を訪れてみるという旅行も、こうしたものが好きな人にとっては楽しいはずです。おすすめですよ。